墨田区の整形外科の立地に関する特徴

東京都墨田区には区の南部地域を東西に走る国道14号の京葉道路に沿うようにJR東日本の総武本線、墨田区の北部地域を台東区の浅草寺方面から葛飾区の葛飾警察署方面に向けて走る国道6号の水戸街道に沿うように京成電鉄の押上線が乗り入れています。また、区の南側にある江東区の亀戸駅方面から足立区の堀切駅方面に向けて東武鉄道の亀戸線が南北に乗り入れてるほかに都営地下鉄の浅草線、新宿線、大江戸線と東京メトロ半蔵門線が走るなど交通の便の良い地域です。そして、墨田区には数多くの整形外科がありますが、交通の便の良い地域という特色を生かすかのようにそのほとんどの整形外科が区内を走る鉄道の沿線上または交通量の多い道路の周辺に集まっています。区の南部地域に多いのがJR東日本の総武本線の両国駅周辺で、北部地域で多いのが京成電鉄の押上線の京成曳舟駅周辺となっています。

また、区の中央部に位置する押上駅周辺から都営浅草線の本所吾妻橋駅周辺にかけての地域にも整形外科が多く集まっています。これは押上駅と本所吾妻橋駅の間には浅草通りが走っているということに加え、押上駅には京成電鉄の押上線や都営浅草線、東京メトロの半蔵門線、など数多くの路線が乗り入れているということも理由になっていると考えられます。このように両国駅や京成曳舟駅、押上駅の周辺には整形外科が集まっていますが、東武鉄道の亀戸線の沿線にはコンスタントに整形外科が並んでいます。脂肪注入の豊胸のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です